TechLION vol.31増席(最終)のご案内&行けなくなったら譲渡を

ゼネラルマネージャーの法林です。

9/26(火)に開催するTechLION vol.31。おそらくセキュリティ方面の皆さんがこぞって参加してくださったおかげで、本イベント史上最多の参加登録者数を記録しています。本当に本当に本当にありがとうございます!

そして、昨日(9/20)の夕方に、用意していたチケットがすべて売り切れになりました。Peatixのイベントページは定員が表示されないのですが、最初に設定した定員は100人。これが10日ほど前に満席確実になったので120人に増席していました。しかしそれも満席になりました。そこで、さらに席を増やせるかどうかを協議した結果、以下の対応を実施することにしましたのでお知らせします。

  • 定員を140人に増席します。つまりあと20人、チケットを買うことができます。先着順なのでお早めに。
  • 当初予定していた当日券の販売を取りやめます。つまり、今回追加したチケットが売り切れた場合、チケット未購入で会場に来ても入場できません。

TechLIONを旗揚げしてから7年目になりますが、当日券がないなんてことはちょっと記憶にありません…。あらためて厚くお礼申し上げます。なんかうれしいを通り越してプレッシャーです。がんばっていい試合します。それしか言えん(笑)。

それから、今回はチケットをすべて事前決済で購入していただき、イベントページに書いてあるように「購入したチケットはキャンセルできない」ことにしています。決して潤沢とは言えない運営スタッフの負荷を軽減するための措置です。ご理解ください。

それでも、直前や当日になって会場に行けなくなる方もいるでしょう。そういう方のために、Peatixではチケットの譲渡機能が用意されていますので、ぜひご利用ください。譲渡の手順はPeatixのヘルプに記載されています。ざっと見たところ、譲渡機能を利用するとチケットのURLが設定されるので、それを譲渡したい人に伝達して、譲り受ける人がURLにアクセスしてチケットを受け取る仕組みのようです。知り合いを探すなりSNSで募集するなりして、参加できそうな人にチケットをお渡しください。

正直なところ、今回は会場も変わり、飲食物の手配も自分達でやるなど運営面での変更点が多いので、手際の良い運営ができないかもしれません。できる範囲でがんばりますが、不手際があったらすみません。それでも、会場に足を運んでくださる皆さんに楽しんでもらえるよう、スタッフ一同、精いっぱいがんばります。

写真は9月のある日に、会場であるサイボウズ東京オフィスのイベントスペースを下見したときのものです。当日はこんな感じでスクリーンに映像やスライドが表示される予定です(客席や舞台のレイアウトは変わります)。参加される皆さん、大いに楽しんでいってください! 9月26日の夜、サイボウズ東京オフィスでお待ちしています!

TechLION vol.31は9/26開催!セキュリティエンジニアが競演!

ゼネラルマネージャーの法林です。

前回のTechLIONのエンディングで、「次回は8月から9月前半ぐらい」とか予告したような記憶がありますが、準備にいろいろと手間取ってしまい、ようやく次回をアナウンスするところまで漕ぎつけました。

ではさっそく、次回の概要をお伝えします。

TechLION vol.31概要

  • 名称:TechLION vol.31 with tech@サイボウズ式
  • 日時:2017年9月26日(火) 18:45開場、19:15開演、21:30終了予定
  • 場所:サイボウズ株式会社 東京オフィス
  • 料金:事前支払1,500円、当日2,000円 (軽食/ドリンク付き)
  • 出演:辻伸弘、根岸征史、piyokango
  • MC:法林浩之、馮富久
  • 詳細:http://techlion.jp/vol31
  • 参加登録:http://techlion31.peatix.com/

イベント名称や会場などの変更については後で説明するとして、先に出演者とトークのテーマをご紹介します。

まずは辻伸弘さん。セキュリティエバンジェリストとして数多くの活動をされている方です。いつか出演してほしいと思っていたのですが、ようやく実現しました。辻さんに出てもらうということはテーマはもちろんセキュリティで、他の出演者も辻さんと相談して決めました。1人は根岸征史さん。IIJのセキュリティインシデント対応チーム(IIJ-SECT)やOWASP Japanなどで活動されています。最近は辻さんとポッドキャストもやっているそうです。そしてもう1人はpiyokangoさん。セキュリティ情報ブログ「piyolog」を運営されていて、情報の速さと的確さに定評のある方です。以上3名の方々をお迎えしてお送りします。(さも自分でブッキングしたかのように書いてますが、実際には馮プロデューサーが全部やってくれました(笑)。馮さんありがとう!)

トークの内容はまだ固まってはいませんが、最近のセキュリティ関連の出来事に加えて、セキュリティエンジニアとはどういう職業なのか、モテるのか?(笑)、などなど、楽しんでもらえるトークセッションにしようと考えているところです。ぜひご期待ください。

そんな次回vol.31ですが、運営面でいくつかの変更があるのでお伝えします。

会場が変わります

ここ2回ほど、東京カルチャーカルチャーにお世話になりましたが、次回は日本橋にあるサイボウズ東京オフィスをお借りします。TechLIONは旗揚げからずっとライブハウスなどのイベントスペースで開催してきましたが、近頃はIT企業もイベント用のオシャレな部屋を持つところが増えてきて、これならTechLIONの雰囲気を保ったまま開催できるのではないかと思い、お願いすることにしました。

また、サイボウズのスペースをお借りするにあたり、同社の情報サイトである「tech@サイボウズ式」とのコラボイベントという形を採ることにしました。そのため、イベント名に「with tech@サイボウズ式」が付いています。会場を快くご提供いただいたサイボウズの風穴江さん(TechLION vol.26に出演)、ありがとうございます!

参加登録サイトと支払い方法が変わります

今までは参加登録をDoorkeeperで受け付けていましたが、次回はPeatixで受け付けます。また、これまで参加費は当日払いでしたが、次回は事前徴収でお願いします。キャンセルもお受けしません。Peatixにはチケットの譲渡機能があるので、行けなくなった人はそちらをご利用ください。

経緯をかなり端折って説明すると、キャンセルする人が多いと人数が読みづらい、従来は飲食を店にまかせていたが次回は自前で用意しなければならず、少しでも人数の予測精度を上げたい、といったところが変更の理由です。これがベストの策という自信はありませんが、まずは試行錯誤します。

トークイベントへの想いは変わりません

いろいろ変更点を挙げましたが、変わらないところもあります。飲みながらトークをし、それを皆さんにも飲みながら楽しんでもらうスタイルは変わりません。そして、トークイベントに対する私の想いも変わりません。会場に足を運んでくださる皆さんに楽しんでもらえるように、少しずつでも改善を重ねながら続けていきたいと思っています。これからもTechLIONをよろしくお願いします。

2013年後半戦も盛り上がっていこう!次回TechLIONは若いチカラに注目!

TechLIONプロデューサーの馮です。こんにちは。

■2013年も後半戦がスタート
早いもので2013年も折り返しました。前半をちょっとだけ振り返ってみると……

まずはTechLION。1月のvol.11,4月のvol.12とすでに2回開催,1月生まれ大集合,カップル特集など今年も魅力的なスピーカーとともに,バラエティに富んだ内容でお届けしております。

その他,僕が好きな野球の話題で言うとまずは何と言っても第3回WBC(ワールド・ベースボール・クラシック)。残念ながらV3達成ならず,今回は惜しくもベスト4でした。でも,中日井端選手の神がかった活躍,素晴らしかったですね。次回はまた世界チャンピオンに返り咲いてもらいたいです。そして,3月に開幕した今年のプロ野球は,巨人がスタートダッシュを決め,絶好調。嬉しい限りです。

野球の話題が長くなりました。

野球以外にもスポーツでは,ザッケローニ監督率いる日本代表が2014年ブラジルワールドカップ出場を決めました。おめでとうございます。テニス界では錦織選手の活躍,そして,伊達公子選手が今年のウィンブルドンで3回戦進出最年長記録を更新するなど,日本人選手の活躍で盛り上がっています。

スポーツ以外の話題では,先日,富士山が世界遺産に登録され,日本から世界に向けた話題が数多くあった半年でした。

3年前の富士登山にて。御来光を観ることができました。
3年前の富士登山にて。御来光を観ることができました。

ということで!

次回TechLION vol.13では,日本から世界への流れを加速するべく,「国産ITエンジニア大集合」と題して,国内のIT/Web企業で活躍するエンジニアをゲストにお迎えし,暑い夏の夜を,さらにアツくするトークを繰り広げます。

■サイバーエージェントとミクシィで活躍する若手2名が登場!
今回のブログで僕が紹介するのは,第2部に登場する2人。1人はサイバーエージェントでAndroid関連の開発,iPhoneの育成ゲームアプリのサーバサイド開発などの経験を持つ紫竹佑騎君,もう1人は,ミクシィのイノベーションセンターにてチームで「ノハナ」の企画を立案し,エンジニアとして開発,運用までを担当する田中和紀君。

元々僕が2人と知り合ったのは,2008~2009年に開催された「mixi OpenIDコンテスト for STUDENT」でした。このとき,審査員を務めさせていただき,最終審査に残ったチームに紫竹君,田中君の両名がいたのです。

その当時はmixiを中心としたソーシャルネット全盛時代,そして,まもなくスマホ時代到来?!という状況の中,「(サービスやプロダクトに関して)ソーシャルネットを前提にいろいろ考えられる若手が出てきたんだなー」と,ちょっとおじさんくさい(笑)思いをうっすら持っていたことを思い出します。その後も,2人には取材をお願いしたり,仕事の枠を超えて飲みに行ったりと,世代を超えて仲良くさせてもらっています。

そして,今回,満を持してTechLIONのゲストとして迎えることになりました。アメブロやAmebaスマホを展開するサイバーエージェント,mixiに加えて,ノハナやDeployGateといった新しい注目サービスを生みだすミクシィという,国内有数のトラフィックを持つ両Web企業の中で,これからを引っ張っていく世代の2人が,どのように考え,どのように仕事をし,この先何を目指しているのか,しっかりと聞きたいと思っています。

7月23日の夜は,ぜひ多くの方に六本木SuperDeluxeまで足を運んでいただき,IT/Web業界での世代を超えた交流を深めてもらえれば嬉しいです。

  • 料金パターン1(事前予約・事前支払) 2,700円(1ドリンク700円分込)
  • 料金パターン2(事前予約・会場支払) 2,700円(1ドリンク700円分込)

    (当日受付にて現金をお支払いください)

  • 料金パターン3(予約なし・会場支払) 3,200円(1ドリンク700円分込)

    (※事前予約で満員となった場合、ご入場できなくなる可能性があります。あらかじめご了承ください)

  • 事前予約フォーム

    TechLION vol.13

次回ブログの担当は法林さんです。TechLION vol.13メインゲストのさくらインターネット田中さんをご紹介いただきます!

感動の豪華賞品 ――― #techlion vol.12 #抽選会

TechLION開催は木曜日の夜!あと2日までに迫ってまいりました!

こんにちわ!@kamapuです。

毎回10品以上豪華賞品を用意しているのですが、みなさまが喜びそうなものをいくつかピックアップしてご紹介したいと思います。

 

1.SD総集編、豪華すぎないか?

抽選云々の前に、SD総集編、すごすぎます。だってだって、12年分ですよ!!いくらいくつか編集で記事が抜かれているとしても、こんなに豪華でたったの1,980円だなんて・・・。技術評論社さんのエンジニアに対する愛を感じます。

このブログを読まれている方はほとんどがご存じかと思いますが、法林さんの相方、MC兼プロデューサの馮さんはSoftware Designの元編集長です。この総集編、馮Pエキス満載(1999春~2008年夏まで在籍)。

そして、写真左にあるのは弾さんの最新書籍!
4月16日(って今日じゃないですか!)発売ほやほやらしいです。

TechLIONで確実にサインをもらいたい方は事前購入をお勧めいたします。

 Amazon → ぽち

弾さんブログより。

専門誌Software Designの連載をまとめたものですが、これを機に専門外の方に読まれるようになれば著者冥利につきます。

 

2.いやそもそも、弾さんといえばPerlか?

オライリーさんからの協賛品です。「初めてのPerl 第6版」デス!6版まで出るなんて、どんだけバイブルw愛され良書です。初版はラリーさんも関わってたそう。

こちらの本の「はじめに」から引用:

”本書では、Perlの多種多様な機能の中から、長さが1行から128行までのプログラム―世の中で使われているプログラムの90%はこの範囲に収まります―を書くのに十分役立つような機能を厳選してあります。”

  こういうこと書かれると技術者弱いよね・・・、いいね!

Amazon → ぽち

 

3.Facebook&Twitterやってるかい?

またまた技評さんからの協賛品です。

SNSで思ったことは書き込んではイケナイ?誰が見ているかわからないから、怖くて使わない人もいるかもしれませんが、仕事フェチ、趣味フェチで時間が足りない現代人はSNSを使って多くの人とコミュニケーションして、より人生を豊かにしたいものです。こんな良書があるのなら、一度は目を通してSNSを使いこなせばいいと思う。

こちらの本から教訓引用:

 [009 自己紹介は書きすぎない] ・・・情報は多ければ多いほど薄まっていきます。自分の個性が全面に出るようなプロフィールを作ったほうが人々の印象は強くなるでしょう。

Amazon → ぽち

 

4.伽藍とバザールでござーる?

オープンソースといえばこの本。エンジニアではない方でも読める本です。USPからの協賛品です。

こちらの本から教訓引用:

  1. よいソフトはすべて、開発者の個人的な悩みの解決から始まる。

  2. 何を書けばいいかわかっているのがよいプログラマ。何を書きなおせば(そして使い回せば)いいかわかっているのが、すごいプログラマ。

  3. 捨てることをあらかじめ予定しておけ。どうせいやでも捨てることになるんだから。(Fred Brooks『人月の神話』第11章)

プログラマだけではなく、人間の生き方そのものの教訓にも当てはまるのような気がしています・・・。

Amazon → ぽち

5.あいしあってるかい?

LPI-JAPANさんからはLPIC君とLPICちゃんのペアぬいぐるみのセットです。引き離したらかわいそうなのです。

 

6.太田さん、遊びにきてくれますか?


すみません、豪華ですが景品ではありません!(爆)

無理やりでごめんなさい・・・むしろこれが・・・言いたくて・・・ごにょごにょ・・・えーっと、何で太田さんかといいますと、@ITさんがメディア協賛で参加していただけることになったからです!(・ω・)



ブリリアントな明るさと、キュートでセクシーな笑顔で皆を癒してくれるでしょう♪ そして、優秀なレポートをまた書いてもらって、相乗効果絶大∞無限ループ!ひゃっほい!

 

☆太田さんのレポート →その1 これからのエンジニアに必要なスキルとは?

           →その2 インターネットの歴史的名(迷)言集5選

           →その3 自分をプログラミング言語に例えると何?

美貌もそうだが、  「いいね!」の数が眩しすぎるぜぃ! 美記事w

 

∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

と最後はオチです・・・がっ、皆さまに楽しんでいただけるよう、スタッフ一同、誠心誠意準備中でございます。是非新人さんを連れて遊びにきてください。一人でももちろん、楽しめますよ~♪ そうそう、エンジニアでなくても楽しめますよ~♪ (よく「エンジニアではないのですが、行っても大丈夫でしょうか?」的な質問あるのですが、そういった方々とエンジニアを繋がること自体が大変歓迎することですので、悩んでいらっしゃるようでしたら、ぜひ一度覗きにきてください☆)

< おまけ >

そうそう、法林GMが新入生や新社会人に何かプレゼントをしたいと言っていて、この業界のいろんな方から品物をお取り寄せしているそう。品物が何かって?それは当日ご本人から発表されるようです!!楽しみですね。新人さん、是非遊びに来てください!
(小ネタ : 法林GM最近ジムに通って肉体改造しているそうですb(^o^)d)

お申込みはこちらから!残り枠あと少し!お申込みは明日まで!ラストチャンス!

 

  • 料金パターン1(事前予約・事前支払) 2,700円(1ドリンク700円分込)
  • 料金パターン2(事前予約・会場支払) 2,700円(1ドリンク700円分込)(当日受付にて現金をお支払いください)
  • 料金パターン3(予約なし・会場支払) 3,200円(1ドリンク700円分込)(※事前予約で満員となった場合、ご入場できなくなる可能性があります。あらかじめご了承ください)
  • 事前予約フォーム
    TechLION vol.12

次はレポートなので松浦さんです!よろしくお願いします。

神戸に馳せる想い @kamapu

@kamapuです。日々善のフォースでがんばってます!

■リレーブログが一周しました。

この企画、TechLIONスタッフのいろいろな文体が見えておもしろかったですね。
松浦さんはいつもあんな感じで熱いです。技術や文章に対してものすごく情熱があるんですよ。真夏には若干熱すぎるような気もしますが、ぷぷぷ。冷たい文章と違って、なんども読み返すことできますよ♪
法林さんはいろんな方面で人気ですが、オンライン記事でも交遊風景がご覧になれます。
最近エンジニアタイプのある記事が週間ランキング一位になりました。おめでとうございますパチパチ☆記事は4月のものですが、なぜか8月になって再熱しました。きっとどこかで話題になったのでしょう。
そこから引用させていただきます。

”小山:先日、法林さんが司会をされた『TechLION vol.6』でまつもとゆきひろさんの話を聞きましたが、まつもとさんはまさに「個人として評価されるエンジニア」の典型ですね。
仮に、どこかの企業があの人を採用するとしますよね。その時、「プログラムは書かないでください」なんてバカなお願いをする企業はあり得ない(笑)。まつもとさんは、コードを書いてこそ価値を発揮する人で、それは皆が知っていることですから。”

(と、さりげなくTechLIONの話が混じっています。)

「個人として評価されるエンジニア」の典型
まつもとゆきひろさんは才能をぞんぶんに発揮されている、あこがれの方ですよね。

■神戸開催は10月4日(木)です。

神戸港で画像ググるとこんな感じになります。素敵ですね~。楽しみです。

神戸地域最大のITイベントが神戸ITフェスティバル、こちらのフェス開催前夜に行われます。神戸ITフェスティバルはビジネスやメーカ主体ではなく、地域振興といった趣旨もこめられているようです。
神戸の港、訪れたことがないのでちょっと調べたのですが、スカイツリーみたいに
タワーがあるのですね。「神戸ポートタワー」というらしいです。(108メートル)

そこからちょっと離れたところにあるのが、三宮駅から徒歩2分「Varit.」です。
TechLION vol.9 の開催場所。るんるん♪

■TechLION vol.8から選りすぐりの写真ちゃんたちです。
とくとご覧あれ!(以下写真はすべて@tomocha 撮影)

・美人さんショット


まゆみんさんと一緒に映るタイムライン

・教授ショット

・MCショット

・スタッフショット

・かんぱいショット

まゆみんさん(左)、えふしんさん(中央)、山本裕介さん(右)

■TechLION vol.9のお申込みはこちらから!

現在ゲスト交渉中で、あと1人~2人増える予定です。盛り上がりますよ~
地方開催、名古屋ではチケット売り切れたので、お申込はお早目に!

今回も長くなっちゃいましたが、前回も書いたあとに、「あれを書いておけばよかった」とか「この熱い想いを伝えたい」等々思うのですが、時すでに遅し、人間決まった時間でやれることは限られていますね。ああ儚い。

次回は馮さんにバトンをお渡しします!よろしくお願いします~