TechLION vol.20

日々新技術が誕生するITの世界。そしてその新しい技術を追い求め、自らを高めんと日々研鑽するITエンジニアたち。「TechLION」はそんな、技術の草原で百獣の王を目指すエンジニアたちが集う新感覚トークライブ!彼らの激白と酒の力で、IT技術の面白みと深さをともに分かち合いませんか。新たなる獅子王伝説がここに誕生する!
 

開催概要

gihyoatmark_ito'reillymozilla-japanLPI-JapanhbEM ZEROengineer typejus
 

参加申し込み方法

  • 料金パターン1(事前予約・事前支払) 2,700円(1ドリンク700円分込)
  • 料金パターン2(事前予約・会場支払) 2,700円(1ドリンク700円分込)
    (当日受付にて現金をお支払いください)
  • 料金パターン3(予約なし・会場支払) 3,200円(1ドリンク700円分込)
    (事前予約で満員となった場合、ご入場できなくなる可能性があります。あらかじめご了承ください)
  • 事前予約フォーム
    TechLION vol.20

 

Ustream

TechLION vol.20はUstreamでも配信します。

 

プログラム

2011年3月にスタートしたTechLIONもついに20回目を迎えました。そこで、今回のテーマは20回目にちなんで「20」という数字。ITの20年間について振り返ってみます。
20年前の1995年と言えば、Windows95の登場をはじめ、IT関係でさまざまなエポックメイキングな出来事がありました。さらにインターネットの普及もこの年からと言っても過言ではないでしょう。
そこで、今回はITに関して、さまざまな観点から20年を振り返られる、ステキなゲストをお招きし、20年間のIT、そして、次の20年の展望を話しながら、盛り上がります!
2015年最初となるTechLION、お見逃しなく!

第1部・第2部 ITサファリパーク
第3部 ジャングルバス.com

出演:櫻庭祐一、堂前清隆、松本直人
MC:法林浩之、馮富久
 

演題と概要

Javaの20年 櫻庭 祐一

今から20年前の1995年にJavaは産声をあげました。

当初はブラウザ上で動作するアプレットが注目されましたが、Javaが花を開いたのはサーバで使用されるようになってからでした。以来、JavaはRaspberry Piのような組み込み機器から、大規模なサーバまで様々な用途でJavaが動作しています。

SunがOracleに買収されるなど、一時期Javaに暗雲が立ち込めたこともありますが、そういうときでもJavaを支えたのがOpenJDKやJava User Groupなどのコミュニティです。そこで、本セッションではJavaの20年の歴史を技術やコミュニティの観点からさらっていきます。

20年前のバックアップテープと格闘して思ったこと ftp.iij.ad.jp@1993 堂前 清隆

オフィスから発掘された8mmテープには、20年前の「ftp.iij.ad.jp」のバックアップが格納されていました。テープの中身をなんとか復元できないかと格闘し、無事に成功しました。その作業を振り返りつつ、「過去のコンピュータと向き合うこと」について考えます。

災害コミュニケーション~災害時におけるIT利活用とその課題~ 松本 直人

1995年に発生した阪神淡路大震災は、大規模災害時にインターネットが活用された初めての事例でした。あれから20年が経過しました。IT機器が高度にネットワーク接続された私たちの社会では、日常的に情報が発信消費されています。私たちの情報社会ではすでにインターネットは不可欠であり、災害時には情報収集と発信が行える心強いツールとなっています。災害時にITで何ができたのか、また何が今後期待されているかを解説します。

 

出演者プロフィール

櫻庭 祐一
sakuraba

  • Java in the Box
  • Java 1.0αからJavaを使い続け早20年。Java SEやJavaFXなどを中心にJavaに関する執筆や講演などを行っています。日本で唯一のJavaチャンピオンであり、日本Javaユーザグループ副会長も務めています。
  • Twitter:@skrb
  • Facebook:yuichi.sakuraba

 
堂前 清隆
doumae-icon300

  • 株式会社インターネットイニシアティブ プロダクト本部 プロダクト推進部 リードエンジニア
  • コンテナDCの開発から、ソーシャルメディア活動まで、インターネットに関することを幅広く手がけてきました。最近は「MVNOの中の人」として、SIMカードの普及活動中。IIJ公式技術blog「てくろぐ」を書いています。
  • Twitter:@IIJ_doumae
  • Facebook:kdoumae

松本 直人
matsumoto-naoto

  • さくらインターネット研究所 上級研究員
  • 1996年より特別第二種通信事業者のエンジニアとしてインターネット網整備に従事。システム・コンサルタント、ビジネス・コンサルタントを経て2010年より現職(2014年よりフリーランス契約)。研究テーマはネットワーク仮想化など。3~5年先に必要とされる技術研究に取り組み、世の中に情報共有することを活動基本としている。著書「オープンソース・ソフトウェアルータVyatta入門」「Vyatta仮想ルータ活用ガイド」など多数。
  • Twitter:@naoto_matsumoto

 


法林 浩之

  • 日本UNIXユーザ会幹事、フリーランスエンジニア
  • 大阪大学在学中に日本UNIXユーザ会に参加し、1992年より幹事。2003年から2年間は会長も歴任。職歴としてはソニー、インターネット総合研究所を経て、2008年に独立。現在はフリーランスエンジニアとしての活動と並行して、多彩なITイベントの企画・運営を行っている。特にトークセッションの司会に定評があり、これまでに約700人の講演者の相手を務めている。2012年、日本OSS貢献者賞を受賞。
  • Webサイト:http://www.suplex.gr.jp/~hourin/
  • Twitter:@hourin
  • Facebook:hourin.suplex

 
馮 富久

  • 株式会社技術評論社 クロスメディア事業部電子出版推進室室長
  • 1975年生まれ。横浜市出身。1999年4月技術評論社に入社。「Software Design」「Web Site Expert」両誌編集長就任後、現在は同社の電子メディア全般の責任者として、クロスメディア事業部を統括する。社外において「電子書籍を考える出版社の会」の事務局長やWebSig24/7モデレーターも務めている。
  • Twitter:@tomihisa


 

フライヤー

vol20_flyer vol20_flyer2
 

共有

このイベントを多くの方に知ってもらえるよう、ご協力いただければ幸いです。

Share on LinkedIn
LINEで送る
Pocket