vol.17 ご来場ありがとうございました!そしてvol.18のお知らせ

昨日はご来場ありがとうございました、事務局の @kamapu です。

イベントに参加すると彼女/彼氏できるらしいです。なんだかわかります。
ご来場いただいた方、みなさま、無事にご帰宅いただけましたか?
Ust参加の方もTwitter/TLをご覧になられていた方も、ありがとうございました。
是非またご来場、ご参加くださいね♪

さてさて、振り返りは是非こちらでお願いいたします。

○@natsu_nananaさんによるTogetter
http://togetter.com/li/685085

○早速公開いただいた資料達
小山哲志 さん
https://speakerdeck.com/koyhoge/lltoibentotokomiyuniteito

鈴木たかのり さん
http://www.slideshare.net/takanory/introduction-of-pycon-jp-techlion-vol17

★ vol.18のご案内 ★

次は宇宙開発やハードウェアな物作りがテーマです!
宇宙という広大なイメージは、わくわくしますよね♪

開催概要
名称:TechLION vol.18
主催:USP研究所
協賛:技術評論社、@IT、オライリー・ジャパン、Mozilla Japan、エルピーアイジャパン、クラウドワークス、ハートビーツ
後援:EM ZERO、キャリアデザインセンター『エンジニアtype』、日本UNIXユーザ会
日時:2014年9月25日(木) 19:00開場、19:30開演、22:30終了予定
場所:SuperDeluxe
料金:前売2,700円、当日3,200円 (1ドリンク付き)

出演:増井俊之、寺薗淳也、ほか調整中
MC:法林浩之、馮富久

<URL>
http://techlion.jp/vol18

Share on LinkedIn
LINEで送る
Pocket

いよいよ明日!TechLION vol.17 協賛品のご紹介です

こんにちは、星です。
TechLION vol.17はいよいよ明日です!
というわけで、恒例の協賛品のご紹介です!
今回も豪華ですよ~~~!!

————————————————

まずは技術評論社さんから、書籍をいただきました!
ありがとうございます~~~

写真 1

各書籍のリンク先はこちらです!
抽選会に備えてチェックチェック!!

(σ・ω・)σWEB+DB PRESS plusシリーズ Ruby徹底攻略

(σ・ω・)σパーフェクトシリーズ パーフェクトRuby on Rails

(σ・ω・)σ良いAndroidアプリを作る139の鉄則

(σ・ω・)σシステムインテグレーション崩壊 ~これからSIerはどう生き残ればいいか?

(σ・ω・)σプログラムは技術だけでは動かない ~プログラミングで食べていくために知っておくべきこと

————————————————

他にもございます。
GMOインターネットさまからこちら。

image

なんと「Chrome book」です!
こちらも抽選会でプレゼントいたしますので、みなさま最後まで楽しんでご参加くださいね!

————————————————

他、当日の注意事項やご連絡です!

☆開場は19時です!
開演時間は30分後の19時半でございます。これより早い時間にお越しいただいても、
外でお待ちいただくことになってしまいますので、19時以降にいらしてくださいませ~!

☆増席しました!
今回一度満席になってしまいましたが、120名に増席させていただきましたので、まだまだご参加いただけます!
当日券もご用意しております!たくさんの方にご参加いただければ嬉しいです~!(当日券は500円アップです!)

前回の法林GMからのお知らせにもありますが、当日は大変な混雑が予想されます。遅くいらしたかたは立見になるかもしれませんので、ご了承をお願いいたします。

では明日、お会いできるのを楽しみにしております(・ω・)ノ

Share on LinkedIn
LINEで送る
Pocket

増席しました&前売り終了間近!

ゼネラルマネージャーの法林です。

TechLION vol.17のチケット、おかげさまでこの週末に満席となりました。ありがとうございます。

これを受けてスタッフで検討した結果、少し増席しましょうということで、定員を120人まで拡大しました。満席であきらめていた方は、ぜひこの機会にお買い求めください。前売券の発売は6/25(水)午前5時まで、つまりだいたい明日の夜までって感じです。

また、当日券も用意しますので、当日にならないと都合がわからない方は、当日券でご入場ください。ただし当日券は500円アップしますので、行くつもりにしている方は前売券を購入される方がお得です。

なお、当日は混雑が予想されます。遅く来られた方は立見になる可能性があることを、あらかじめご了承ください。TechLIONで増席したのはvol.10(村井純先生が来られたとき)以来なのですが、そのときの様子が写真で残っているので、参考までにご覧ください。今回もだいたいこんな感じになるはずです。

TechLION_vol.10会場

たくさんの人に見てもらえることは本当にうれしいです。
いい試合をお届けできるようにがんばります!
楽しみにしててください!

Share on LinkedIn
LINEで送る
Pocket

TechLION vol.17の見どころと、前哨戦の総集編

ゼネラルマネージャーの法林です。

前回のTechLIONから3か月半。結構長く感じたのですが、それでもいつかは本番がやってきます。TechLION vol.17はいよいよ来週木曜日となりました。私自身もとても楽しみにしています。

この記事では今回の見どころを紹介するのですが、まず第1部では私が「歩くITイベント大辞典」と名付けた小山哲志さんが登場します。小山さんは本当に数多くのITイベントに参加し、また運営も手がけているのですが、まとまった時間を割いて小山さんの考えを聴ける機会は意外に少ないです。本人は「そんなことはない」と言っているのですが、20年来の付き合いのある私でも記憶にないぐらいです(笑)。だからたぶん貴重です。ぜひ見ていただきたいです。

それから第2部では、言語系イベントの実行委員長対決が実現します!まず各イベントの紹介をライトニングトーク形式でしていただきます。その後はお題トーク。以前のTechLIONでも一度やったのですが、その場でお題を出して、パネリストがホワイトボードに書いて回答するというセッションをやる予定です。さらにこのコーナーでは、MCの私もLLイベントのまとめ役を務めているという立場上、回答者として参加することになりました。ですので私もお題を知らされていません。あ、ちなみにLLイベントではただいま発表者を募集中です。詳しくは今年のLLイベントことLL DiverのWebサイトを見てください。

そんなこんなで盛りだくさんのTechLIONですが、各出演者のことをもっと知ってもらうための予習教材として、今回の出演者と個別に対談し、それを公開するという企画を、エンジニアtypeの協力を得て実施しました。まず、すでに公開済みの3試合はこちらです。

yuchimiritakanoryyusukebe

「わたしだからできることもある」PHPカンファレンスの実行委員長女子が今年にかける想い【対談:法林浩之×前島有貴】

エンジニア的ではない『Pythonボルダリング部』の楽しみ方【対談:法林浩之×鈴木たかのり】

『ボケて』が4年間の空白期間を経て、人気サービスになるまで【対談:法林浩之×和田裕介】

そして、6/16(月)に、シリーズ最終戦となる4本目の記事が公開されました。RubyKaigi 2014実行委員長である角谷信太郎さんとの対談です。

kakutani

仕事にのめりこめないプログラマーは、いろんな言語を試してみればいい【対談:法林浩之×角谷信太郎】

また、第1部にご出演いただく小山哲志さんとは、2年前になりますが、やはりエンジニアtypeで対談しています。

“生涯プログラマー”を目指す20代に、ベテランエンジニアが贈る3つのメッセージ【対談:法林浩之×小山哲志】

本番までにこれらの記事を読んで出演者への関心を高めておけば、より一層TechLIONを楽しめるでしょう。

この企画の効果がどれぐらいあったかはわかりませんが、今回は参加登録が好調ですでに90人を超え、定員の100人まであとわずかとなっています。当日券を出せるかどうかわからないぐらいの状況になっていますので、参加を検討されている方は今すぐ予約されることをおすすめします。

TechLION vol.17
日時:2014年6月26日(木) 19:00開場、19:30開演、22:30終了予定
場所:SuperDeluxe
料金:料金:前売2,700円、当日3,200円 (1ドリンク付き)
出演:小山哲志、角谷信太郎、鈴木たかのり、前島有貴、和田裕介
MC:馮富久、法林浩之

予約はコチラ
TechLION vol.17(Doorkeeper)

それでは来週木曜日の夜、六本木スーパーデラックスでお待ちしています!
次回のブログ担当は星さんです!

Share on LinkedIn
LINEで送る
Pocket

出会いは,オープンソースまつり’99 in 秋葉原

TechLIONプロデューサーの馮です。こんにちは。

前回の高坂さん,オーストリア・ウィーンにご旅行されていたとか。うらやましい!(帰国後に最初に食べたのはなんだったのか気になります)

ちなみに僕も過去3回ほどウィーンに行ったことがありまして,そのときの想い出といえば……

  • ウィンナーシュニッツェルを食いまくった
  • ウインナーコーヒーにはウインナーソーセージが入っていないことを知る
  • ウィーン中央駅で危うく別の国行きの列車に乗りそうになった(ヨーロッパって国が地続きなんですよね)
  • シュテファン大聖堂のカタコンベ(地下墓地)に閉じ込められてビビった

などなど,バラエティに富んだ体験ができました。

さて,話をTechLIONに戻しましょう。vol.17の開催まであと15日となりました。vol.17では,日本のLL系イベントを牽引するメンバーたちをゲストにお迎えして,この夏の日本のLLとコミュニティについてアツく語りたいと思っています。

そこで,今回のエントリから僕と法林GMの二人で,ゲストの紹介とvol.17の見どころについてお話します。

まずは僕から。第1部:獅子王たちの夕べに登場する小山哲志さんのご紹介です。

歩くOSSコミュニティ・イベントの生き字引

小山さんと言えば,たくさんのOSSコミュニティに運営側として参加されており,また,各種イベントにも(来場者として)参加されているなど,まさに歩くOSSコミュニティ・イベントの生き字引。TechLIONをご存知の方であれば知っている方の一人ではないでしょうか。

今回,Perl/PHP/Ruby/Pythonの4言語に関するイベント運営メンバーをお迎えすることになり,すべての言語・コミュニティの話ができる人をゲストに呼ぼう!ということで,ご登壇いただくことになりました。

ちなみに,僕が小山さんと初めてお会いしたのは今から15年前,1999年,秋葉原で開催された「オープンソースまつり’99 in 秋葉原」の会場でした。今は亡きあさたくさんのご紹介でお会いしたのがきっかけです。

その後も,各種OSSイベント・セミナーでお会いしたり,『Software Design』の記事ご執筆をお願いするなど,大変お世話になっていて,今回,こうした形でご一緒できて嬉しく思っています。

当日は,小山さんがこれまで見てきた各種LL系コミュニティとイベントの印象や今後に対する期待など,いろいろお話伺いたいと思っています……が,おそらく,第一部は法林GMを含め,昔話に花が咲くんじゃないかと(笑)

今年の夏の各種LL系イベントのプレビューとして,ぜひTechLION vol.17にご参加ください。6月11日朝現在,チケットの残りは20枚を切っていますので,お申し込みはお早めに!

TechLION vol.17
日時:2014年6月26日(木) 19:00開場、19:30開演、22:30終了予定
場所:SuperDeluxe
料金:料金:前売2,700円、当日3,200円 (1ドリンク付き)
出演:小山哲志、角谷信太郎、鈴木たかのり、前島有貴、和田裕介
MC:馮富久、法林浩之

予約はコチラ
TechLION vol.17(Doorkeeper)

次回は法林GMによるvol.17見どころ紹介となります!

Share on LinkedIn
LINEで送る
Pocket

未知の世界へ飛び出してみる

みなさんこんにちは。スタッフの高坂です。

先週末から一気に暑くなり、猛暑日が続いていますが、体調はいかがでしょうか。

月日のたつのは早いもので、もう6月に突入!

毎日をもっと大事にしたいなぁと思う今日この頃です。
(いつも言っている気がする・・・)

ところで話題は急に変わって・・・。

私、先日1週間程ヨーロッパへ行っておりました。

行き先はどこだと思います?

そんなの知らん?まぁ、そうですよね(笑)

実は、渡航先はオーストリア。

ちょっと意外?

何しに行ったの?なぜオーストリア?

質問攻めですねw

その答えは、本場のクラシック音楽に触れたいなと思って。

1番の目的は、音楽の都ウィーンの空気を味わうこと。

そして、ウィーンフィルの演奏を聴くこと。

ウィーンフィルと言えば、実力あるとても有名なオーケストラです。

日本でももちろん聴けますが、歴史あるホールで聴く音楽は素敵なんだろうなぁと妄想が膨らみ・・・オーストリアまで飛んでしまったというわけです。

コンサートは、もうなんというか言葉にできないほどの夢のような時間でした。concert hall

Wiener Staatsoperとても素晴らしい演奏。

きらびやかで繊細で、力強い。

コンサートホールの空気感がまたいい。

刻まれてきた歴史を感じさせる重厚感ある建物。

その空間にいるのは、おしゃれに着こなした美男美女。

そして、品のいいおじいちゃんおばあちゃん。

休憩時間には皆、シャンパン片手にロビーでおしゃべりを楽しんでいる。

これまで日本しか知らなかった私にとっては、衝撃でした。

こんな世界もあるんだなぁと。

あー、なんて素敵な世界だろうと。

夢のような1週間を過ごして日本に帰国して、思いました。

もっともっと色々な世界を見てみたい。たくさんの人と出会いたい。

そして、自分の世界を広げたい。

そんな風に旅の余韻に浸っていてふと思いました。

そんな未知への扉を開いてくれるのがTechLIONなんだなーって。

TechLIONは、今回もまた、素敵なパネリスト達をお呼びしています。

楽しみにしていてくださいね。

TechLION vol.17
日時:2014年6月26日(木) 19:00開場、19:30開演、22:30終了予定
場所:SuperDeluxe
料金:料金:前売2,700円、当日3,200円 (1ドリンク付き)
出演:小山哲志、角谷信太郎、鈴木たかのり、前島有貴、和田裕介
MC:馮富久、法林浩之

予約はコチラ
TechLION vol.17(Doorkeeper)

cake

あっ、そういえばウィーンではいろんなケーキを食べたいと意気込んで、1日1ケーキを目標にしていたのですが・・・。

濃厚なザッハートルテを食べ比べてたら、甘いもの恐怖症になった(笑)

そんな私が、帰ってきて一番最初に食べたものはなんだったでしょーか?
(答えはTechLION当日に!なーんってw)

次回は馮さんです。お楽しみに!

Share on LinkedIn
LINEで送る
Pocket